オススメ!ねずみ駆除完全ガイド

ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら

ねずみ駆除をするなら自分?それとも業者に依頼?

本サイトは、ねずみ駆除のおすすめ業者や、体験談、基礎知識、失敗防止策などの情報を取りまとめてご紹介しています。

さて、ご自宅や職場などにネズミが出た、あるいは気配があるといった場合、わざわざ業者に頼まなくても、自分で駆除すればいいとお考えの方も少なくないことでしょう。
ただし、ちょっとお待ちください。専門業者に依頼するのと自己流では、大きな違いがあることをご存じでしょうか?まずは、その違いについて、知っておいてください。

自己流のねずみ駆除と専門業者に依頼するメリット・デメリットを比較!

   自己流  専門業者
コスト
ばつ
市販の捕獲用シートや毒餌などは比較的安いが、半永久的に購入し続けなければならない。
まる
一軒家で10万円~20万円程度。ただし、優良な業者であれば一度の施工で効果が持続する。
効果
三角
捕獲すること自体はそれなりにできるが、根絶させることは困難。
二重丸
退治、捕獲だけではなく、侵入経路の特定・封鎖工事による根絶が望める。
安全性
三角
毒餌のねずみの死骸の処理や、ノミ・ダニによる感染症などのリスクがある。
二重丸
毒餌や薬剤などを使用しない方法にも対応しており、駆除後の消毒なども徹底。
再発の可能性
ばつ
一時的に数を減らすことはできても、時間が経過すると、また現れてしまう。
二重丸
捕獲・追い出しに加え、進入路の封鎖を徹底することで、再発の可能性が極めて低い。
結論!

ねずみの完全駆除・再発防止をお望みなら、専門業者への依頼が賢明!

餅は餅屋、ねずみ駆除はプロの専門業者へ!

専門業者への依頼した方が、メリットが大きい。このことが、一番お知らせしたいことになります。

とは言え、専門業者に依頼するとなると、費用がかかるのはまぎれもない事実です。しかし実際、自分で10万円分の薬剤や用具を購入し、100匹捕まえたとしてもねずみが現れ続けるという事例がほとんどです。

駆除業者が行うのは、単にねずみを捕らえたり追い出すだけではないのです。ねずみが屋内に侵入してくる経路をプロの技やノウハウで特定し、その経路を封鎖することで、ねずみを根本から撲滅。専門用語で「防鼠工事」と呼びます。この防鼠工事こそが、ねずみ被害をなくす鍵であり、自己流では不可能です。

費用はかかるとしても、長い目でみれば、専門業者へ依頼した方がベストといえるでしょう。

しかし、業者によって駆除方法費用無償の保証期間などが異なります。このサイトでは、新旧さまざまのねずみ駆除業者を比較して、ランキングにもしていますので、ぜひ参考にしてください。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

自分でもできるネズミ駆除対策

自宅や職場などにねずみが出没し、食品や家具などを荒らされる被害が出てしまった場合には、すぐに対策が必要です。ねずみは一度食材があるところを覚えると何度でも侵入してくるため、放っておくと被害が拡大してしまいます。

ここでは、自分でできるねずみ撃退法として、駆除策と侵入防止策を紹介しています。自己流でねずみ駆除を検討している人は参考にしてみてください。

バネ式罠

エサを仕掛けてねずみをはさんで捕まえるのがバネ式罠。ねずみの好むエサを仕掛けて設置するシンプルなものです。

しかし、ただ置くだけではなかなか捕まえられません。ねずみは警戒心の強い生き物なので、バネ式罠に仕掛けられたエサだけではかかってくれないことがあります。そんなときは警戒心を解く必要があります。

例えば、バネをセットせずに、エサだけをつけておくという方法があります。何度か繰り返すことで、ねずみの警戒心がほぐれ、エサを確実に食べるようになってから、罠を仕掛けることで捕獲します。

「バチン」とバネではさむ仕掛けは、一昔前のアニメやマンガなどで見た覚えのある方も多いのではないでしょうか。現在でも市販されており、コストパフォーマンスも比較的高いという利点もあります。逆に一気に複数のねずみを捕らえることができないのが欠点です。また人間の指をはさむ危険性もあるので注意が必要。罠を仕掛けるにはある程度の経験が必要となるでしょう。

板ねずみ捕り
画像引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/iwauchikanamonotenn/494205900001/)
商品名 板ねずみ捕り
価格 478円
口コミ ねずみを駆除できました。発見時はほぼ即死の状態です。最初は罠をしかけず、餌を2回ほど食わせて安心させ、油断した3回目で罠をセット。警戒心の薄れたねずみはまんまと罠にはまりましたよ。
メーカー名 ヤマトキ製作所

ねずみ捕りバネ式罠を詳しく見る>>

カゴ式の罠

カゴ状の罠でねずみを捉えるタイプの仕掛け。箱の形をしているタイプもあって箱式ともいわれています。捕獲できる能力は高いのですが、仕掛け自体が大きいため、ある程度の設置スペースが必要です。

罠の仕組みは、エサにおびき寄せられたねずみがカゴもしくは箱の中に入ることで、フタが閉まるもの。警戒心の強いねずみは罠にかかりませんが、しばらくエサを食べさせて油断させると捕獲率が高くなるようです。エサにはチーズやパン、米粒などを使用します。もし住みついているねずみが、何を好んで食べているかわかれば、その食べ物をセットするのが良いでしょう。

かご式の罠は、ねずみが生きたままの状態で捕獲されるため、その後の処理を自分でしなければならないのがネック。捕獲した後は、放置して餓死させるか、バケツに水を張り溺死させる必要があります。

ねずみ捕獲器
画像引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e504498h/?l2-id=pdt_shoplist_spage)
商品名 ねずみ捕獲器
価格 590円
口コミ ねずみの足跡が聞こえて困っていたので、このかご式罠を購入しました。まだ仕掛けてないのでねずみは捕まえられていませんが、大きさもちょうどいい感じなので、設置しやすそうです。あとは捕まえられるかどうかですね。
メーカー名 セフティ3

ねずみ捕りカゴ式罠を詳しく見る>>

粘着シート

簡単に言えば「ゴキブリホイホイのネズミ用」になります。ただし餌でおびき寄せるのではなく、ネズミの通り道を予測して、仕掛けなければなりません。また、埃で捕獲力が半減してしまうこともありますが、コスト的には安価です。カゴ式と同様に、生け捕りしたネズミの処理は自分で行う必要があり、手間がかかってしまいます。

毒餌

以前は穀物に混ぜて、使用するタイプが主流でしたが、現在はそのまま食べさせるタイプが主流です。
効き目は高い反面、幼児やペットがいる家庭では十分注意が必要。また、目の届かない場所でネズミが死んでしまうこともあり、放置するとダニやウジなどが発生してしまうデメリットも。

防鼠金綱

ネズミが侵入してくる場所や通り道となる穴、隙間に貼ったり埋め込んだりしてふさぐための金網です。
ネズミが出入りする穴をふさげばいいのですが、板状のもので塞いでしまうと通気も遮断してしまいます。ネズミは壁が薄ければ、穴をあけてしまうほどの強靭な歯を持つので、侵入対策に金網を使用するのです。侵入口を特定しなければいけないので、使用にはコツが必要になります。

忌避剤

ネズミが嫌う成分の薬剤で、ネズミを遠ざけます。スプレー式、煙・蒸気がでる燻煙式のも、設置式のもの、さまざまなタイプが存在。基本的に他の対策方法と併用して使うことが進められています。
現在、確実性のある効果は確認されておらず、物理的に侵入を防ぐほうが確実です。

防鼠工事

家のネズミの死滅・追い出しに成功したら、防鼠工事をしてネズミを屋内に再侵入させないようにしましょう。ネズミの侵入経路は、辛み成分カプサイシン入りのパテや硬度の高いパテで穴や隙間を防ぎます。

自分でやってもうまくいかない場合は、プロに依頼を!

ここでは自分でトラップや罠を使用して自分でネズミを駆除する方法を紹介してきましたが、同じ道具を使用しても、手間がかかる上に、プロと同じ結果を出すのはかなり難しいです。

プロは、罠の設置もネズミの通り道や習性を考慮し、効果がある場所に大量にしかけネズミを駆除します。

また、使用される殺鼠剤や忌避剤もさまざまな研究に基づく技術を使用していので、自分で行う駆除とはレベルが違います。

ネズミは頭が良く、警戒心が強いので、完全に駆除したいならプロへの依頼がおすすめです。

最近は、害虫の生息指数が基準以下なら薬剤駆除を行わない「改正建築物衛生法」に対応した業者もあります。こうした業者なら、飲食店や食品倉庫だけではなく、乳幼児がいる家庭でも安心ですね。

完全駆除ならやっぱりプロ、
東京でおすすめのネズミ駆除業者はこちら!

おすすめネズミ駆除コンテンツ

ページの先頭へ