オススメ!ねずみ駆除完全ガイド

ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら
▼ねずみ駆除業者お薦めBEST3▼
ねずみ駆除に失敗しないために読むサイト » 放置すると危ない!家ねずみがもたらす被害事例 » 病気などの健康被害

病気などの健康被害

ネズミが屋内に住みつくと不衛生になってしまい、私たち人間への様々な悪影響を引き起こします。ここでは、ネズミがもたらす健康被害について紹介します。

ネズミが引き起こす人間への健康被害

汚い・不快というだけでなく、重大な被害を引き起こすネズミ。ネズミは病原菌やウイルスを媒介する運び屋で、繁殖するスピードも早いため、放っておくと環境は相乗的に悪化します。

ここでは、ネズミが原因である健康被害についてまとめました。「家にネズミがいるかも…」という方は、ぜひチェックして被害を受ける前に対策してください。

噛みつき被害

ネズミは寝たきりの老人や小さな赤ちゃんに噛みついて肉をかじることがあります。ネズミに噛まれた傷は裂傷になるため、場合によっては縫うことができず、大きな傷跡が残ることも。

アメリカでは、生後数か月の赤ちゃんがネズミに全身を噛まれて死亡する事件が実際に起きています。南アフリカでは両親の隣で眠っていた赤ちゃんが顔を食べられてしまう事例も発生。世界中で毎年深刻な被害が報告されています。

日本でも十分に起こる可能性があるので、ネズミ駆除は徹底的に行ないましょう。

病原菌被害

ねずみにかじられると怪我以外にも危険があります。特に怖いのが、細菌やウイルスです。ねずみの持つ菌が傷口から入ることで、肺炎・肝炎、胃潰瘍を発症することもあります。

日本では寝たきりの老人をねずみが噛むことで感染してしまった事例があり、アメリカではペットショップのネズミに噛まれただけで病原菌に感染して死亡したケースもあります。

ねずみが持つ雑菌・ウイルス

サルモネラ菌
食中毒の原因として有名なサルモネラ菌も、ネズミが媒介する細菌のひとつです。フンにも大量に含まれています。
ハンタウイルス
感染すると腎症候性出血熱(HFRS)、ハンタウイルス肺症候群(HPS)という病気を引き起こします。この病気にはほとんど有効な治療方法がありません。感染時には国への報告が義務付けられている病気です。
レフトスピラ菌
レプトスピラ菌に感染して起こるレプトスピラ症は、日本でも古くから知られている病気。特に沖縄県で発生することが多いようです。
チフス菌
腸チフス菌に感染すると、「バラ疹」というピンクの発疹が出ます。重症になると腸に穴が開くことも。乳幼児が感染した場合は髄膜炎を起こし、危険な状態になることもあります。
E型肝炎ウイルス
妊婦が感染すると重症になりやすい傾向があり、場合によっては流産することも。有効なワクチンは今のところありません。
ツツガムシリケッチア
ネズミの体についたダニ(ツツガムシ)が媒介する病気です。高熱と全身の発疹が見られ、重症になると血液が血管内で固まる症状を引き起こします。
ペスト菌
ネズミが媒介する菌で、歴史上最大の犠牲者を出した病気。14世紀のヨーロッパにおいて、人口の3分の1がこの病気で亡くなったといわれています。「黒死病」という名前でも有名です。

悪臭被害

ネズミのフンや死骸から漂う臭いは、想像を絶する悪臭になります。悪臭被害者が口をそろえて表現する臭いは「獣臭さ」。吐き気を催す気持ち悪さが特徴です。食事中に悪臭が漂うと食欲が失せますし、寝室に悪臭が漂うとまず眠れません。

またネズミによる悪臭は裁判沙汰になるほど大きな害を及ぼします。自分のためにも、周りに迷惑をかけないためにも、ネズミ駆除をしっかり行ないましょう。

騒音被害

ネズミは屋根裏や天井裏など、人間が入れないような狭い場所を走り回ります。この騒音が毎晩続くと深刻なレベルの精神被害を負うことに。

人間は防衛本能から「目に見えない騒音」が聞こえると、無意識に危機がせまっていると捉えるようです。精神的なストレスは甚大で、不眠症や精神的摩耗など、ストレスからくる病気に繋がる可能性がありますので、甘く見てはいけません。

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位

20坪あたりの料金
37,000円

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位

20坪あたりの料金
45,000円

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第3位

20坪あたりの料金
86,000円

さらに詳しく見る

ページの先頭へ