ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら

種類と特性

本ページでは、ネズミ退治にあたり、ドブネズミ/クマネズミ/ハツカネズミといった品種別の特性や駆除に関する情報などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミなど、品種別の駆除の方法

ではまず、ネズミの品種に関するお話しから始めましょう。

日本に生息するネズミには、大きく分けると、ノネズミとイエネズミがあります。

前者のノネズミはその名の通り、山林や農耕地、雑林などに生息するアカネズミやヒメネズミなどを指しており、いわゆる住宅地のネズミ退治の対象ではありません(農作物を荒らすので駆除の対象にはなりますが)。

一方、住宅やオフィスビルなどに侵入し、人間に直接的な害をもたらすのが、後者のイエネズミに分類される、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種です。

名称自体は聞いたことがあるという方も多いと思われますが、それぞれどんな違いがあるのかまでは分からない方が大半でしょう。

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

ハツカネズミ

初めに言っておきますと、ペットショップなどで愛玩用として売られているものは、白い体色に赤い目に品種改良されたセイヨウハツカネズミであり、野生のハツカネズミは全身がこげ茶色をしているという違いがあります。

これらは別物と考えてください。

後述するドブネズミやクマネズミに比べると、人間にもたらされる害は比較的少ないと言えます。

また、他の2種類に比べ絶対数も少なめと言えます。雑食性で特に穀物類を好み、時として、家畜肥料やペットフードなども荒らします。

そのため、自然環境と隣接した郊外の住宅や農家などに侵入するケースが多く、都心の繁華街や住宅地には少なめと言えます。

体長は6~8cm程度、体重も10~25g程度でイエネズミ3種類の中では一番小型。耳が大きく尻尾は短めというのが見分けるポイント。

また45cm程度までジャンプすることができ、綱渡りも得意としています。 

クマネズミ

天井や屋根裏などで暴れているのが、この品種です、また、近年都心部の高層ビルにも出没しており、とある調査によると、都心部での駆除依頼の実に9割が、このクマネズミであるというデータもある位です。

その理由としては、手足の肉球に滑り止めとなるヒダを備えているため、よじ登る能力に長けており、配管等を伝ってフロア間を自由に行き来することができるためと考えられています。

また、他の品種よりも警戒心が強い傾向があり、捕獲が難しく、さらなる増加を招いているという理由も聞かれます。さらに厄介なことに、殺鼠剤に耐性のある肝臓の毒代謝能力の高いものが多いというのも特徴。駆除業者にとっては、クマネズミ退治がまさに腕の見せどころ。

体長は15~25cm程度、体重も100~200g程度でイエネズミ3種類の中では中型という位置づけ。耳が小さく尻尾が胴体と同じ程度に長く、胴体はスリムというのが見分けるポイント。

ドブネズミ

その名称が比喩的表現にも使われるため、知名度はそれなりに高いことでしょう。

その名の通り、下水や河川、海岸、湖畔など湿地を好み、水中を泳ぐことも出来ます。

ただし、極端に人里離れたエリアには生息していないもの特徴。市街地では、下水、台所の流し、ゴミ捨て場、地下街、食品倉庫などに出没。

一方、クマネズミとは異なり、高いところに登るのはあまり得意としていません。

一軒家で言えば、床下がドブネズミ、屋根裏はクマネズミという住み分けがなされます。また他の2種に比べ獰猛な性格であり、魚介類や肉なども好み、他の動物を捕食する習性もあります。

体長は20~26cm程度、体重も200~400g程度と3種類の中では一番大型。耳が小さく腹部が白い、そして尻尾は胴体ほどは長くないというのが見分けるポイントです。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ