ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら

ねずみが発生する原因

本ページでは、ネズミ退治を実践するにあたり、予め知っておきたいねずみの発生原因や発生しやすい環境・場所、人間に及ぼす悪影響などをご紹介していきたいと思います。

ネズミ退治の前に知っておきたい!ねずみの発生原因

ではまず、東京周辺のねずみ事情からお話ししていきましょう。

そもそものお話しとして、都心部の繁華街や住宅街において、ネズミの数は決して減っている訳ではありません。

むしろ増えている傾向にある位なのです。その理由はズバリ、地下道や地下鉄、下水道、屋根裏や軒下などネズミが住むのに適した環境が多く、餌となる食料も家庭や飲食店などから出る残飯に事欠かないからです。

ねずみは山間部や農作地帯だけに住んでいるわけではないということを、ぜひ認識しておいてください。 

では、ご自宅やオフィス、店舗などに、ねずみが発生してしまう原因とはなんでしょうか?これはずばり、餌となる食料があって、通り道となる通路があって、巣が作れる住み着ける場所があるという条件に合致しているということに尽きます。

例えば、下水管を通じて屋内に侵入してくるというのはよくあるパターン。

近年では、排水パイプを九十九折に曲げてネズミの侵入を防ぐなどしていますが、それでも防ぎ切れないケースも見受けられます。

また「ウチは猫を飼っているから、ネズミが来るハズない」とお思いの方、実はそれ、逆なのです。より厳密に言えば、猫に限らず何らかのペットを飼っている場合、ペット自体が発する匂いや、餌の匂いにつられてやってくるというパターンが、実は多いのです。

まさに、事実は小説より奇なりですね。もうひとつ、夏期よりも冬期の方が、屋内に侵入してくる度合いが高くなります。もちろん、寒さをしのぐためです。

なかでも、ネズミの発生原因(屋内に侵入してきて住み着いてきてしまう原因)で大きいのは、実は「通路」です。

これはネズミの習性が大きく関わっています。彼らは行動する際、物陰や壁つたい、狭い隙間などに沿って動きます。

逆に、遮蔽物のない広々とした空間を横切るということは、ほとんどしません。

ネズミ退治にあたっては、餌となる残飯などの処理と並んで、この通路となってしまう道を遮断することが重要になってきます。

ちなみにネズミが好んで通る道には、体の脂と汚れで黒光りした跡が見られます。専門用語で「ラットサイン」と呼ばれます。

そしてひと度、住居や建物に侵入し住み着いてしまうと、建物や食品、電気設備類などへの物理的被害はもとより、各種の病気の原因となる衛生面の被害ももたらされるようになります。

「放置しておくと…」のページで詳しくご紹介していますので、併せてご覧ください。

以上の通り、ねずみの発生原因は、明確な理由があり、退治には、それらをシャットアウトすることが重要となってきます。

そして、そのやり方ことが、プロの業者の腕の見せどころということになります。業者選びの際は、この点もぜひ視野に入れておいてください。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ