ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら
オススメ!ねずみ駆除完全ガイド » 家庭・商売の大敵!ねずみにかんする基礎知識 » 東京に多いのはクマネズミ!糞からわかるネズミの種類

東京に多いのはクマネズミ!糞からわかるネズミの種類

糞にはネズミの手がかりがたくさんある

近年はネズミによる被害が東京でも増えており、ねずみ駆除業者も増加しています。

ネズミが自宅に発生すると、気持ちが悪いだけではなく、食材やコードをかじられてしまったり、感染症になってしまったりすることが心配されます。台所の床や押入れなどで、何かの糞を見つけたことがあるという方も少なくないでしょう。

糞はネズミの種類や、どこから侵入してきたのかなど、様々なことを知る手がかりとなります。

しかし、糞らしきものを見つけても何の糞かまでは素人にはわからないですよね。

そこでここでは、糞の特徴からネズミの種類を特定する方法をご紹介します。

ネズミの種類ごとに糞の特徴をご紹介!

民家などの建物で生活し被害を与える家ネズミには主に、ドブネズミ、ハツカネズミ、クマネズミの3種類がいます。ネズミの被害の多くは、この3種類のネズミによるもの。近年では、東京でクマネズミの被害がかなり増えているようです。それでは、3種類の家ネズミの糞の特徴をご紹介します。

ドブネズミ

ドブネズミは、目が小さくて鼻先があまり尖っていない、丸っこいネズミです。体は黄色に近い灰色で、大きいものでは50cmにもなるという種類のネズミです。

ドブネズミの糞の特徴は、大きさが1cmから2cmほどでまとまりがあり、太いことです。色は焦げ茶色や灰色、黒色に近いものもあります。ドブネズミは湿気が多い場所を好むので、台所の床などに落ちていることが多いようです。

また、他のねずみと異なり高いところに登ることが得意ではないため、高い棚の上などにある可能性は低いでしょう。

クマネズミ

近年のネズミ被害の多くを占めており、東京でも被害が増加しているのはこのクマネズミです。クマネズミはドブネズミよりも小さいですが、体長は15cmを超えるものが多く、大きいものでは20cm超えます。見た目が非常に可愛いことが特徴で、目や耳が大きく、ハムスターのような見た目をしています。

クマネズミの糞は大きいもので1cm程度。1cmを超えることはめったにありません。ほとんどが6mmから1cmほどの大きさで、色は茶色や灰色です。不揃いで細長く、移動しながら糞をするため、いたるところに散らばっている傾向があります。

高いところに登るのも得意なので、屋根の近くや高い荷物の上などにも糞をすることがあります。

ハツカネズミ

ドブネズミとよく似た見た目をしていますが、ドブネズミが大きな種であるのに対して、ハツカネズミはハムスターくらいの小さな大きさです。

ドブネズミやクマネズミには20cmを超える大きな個体もいますが、ハツカネズミは大きいものでも10cmほどで、体重は数十グラムにしかなりません。耳が大きいのが特徴で、体はシュッとしています。

ハツカネズミの糞は、体と同じく1cmにも満たない小さいサイズです。色は茶色で、大きさは丁度米粒くらい。形は丸くなく、先が尖っているのが特徴的です。

また、ハツカネズミは強い臭いがある動物なので、糞にも臭いが残っています。警戒心があまりないため、目立つところにも糞を残していくという特徴があります。

糞からネズミの種類が特定できたら駆除しよう!

ネズミの種類が特定できたところで早速駆除に取り掛かりたいところですが、噛まれたり接触したりすると感染症になってしまう可能性もあります。

可能であれば業者に駆除を依頼するのが望ましいでしょう。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位
  • 料金料金:◎
  • 保証期間保証期間:◎
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:◎
  • 実績実績:◎

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位
  • 料金料金:◎
  • 保証期間保証期間:○
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:○
  • 実績実績:△

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第1位
  • 料金料金:○
  • 保証期間保証期間:○
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:◎
  • 実績実績:△

さらに詳しく見る

ページの先頭へ