ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら

自分でできるネズミ駆除方法

本ページでは、ネズミ退治の方法として、プロの業者に頼まず、自分でできるネズミ駆除方法について取りまとめてご紹介していきたいと思います。

ネズミ退治したい人は必見!自分でできるネズミ撃退法とは?

ご自宅や職場などにネズミが出没し、食品や家具などを齧られるなどの被害が出てしまった・・・。

そうした場合には、直ちに対策が必要です。ここでは、一般の方でも行えるネズミ撃退法として、駆除策と侵入防止策をそれぞれご紹介していきたいと思います。 

おもなネズミの駆除方法

自己流でもねずみ駆除方法は以下になります。

バネ式の罠

一昔前のアニメやマンガなどで見た覚えのある方も多いことでしょう。餌でおびき寄せ、金具をパネの力で作動させ、バチンと挟み込んで圧死させるタイプです。現在でも市販されており、コストパフォーマンスが比較的高いという利点もあります。

カゴ式の罠

こちらは金網などで作られたカゴ状の罠でネズミを捉えるタイプです。捕獲できる能力は高めなものの、かさ張るため設置スペースが必要。また、生け捕りしたネズミの処理も自分で行わなくてはなりません。

粘着シート

簡単に言えば「ゴキブリホイホイのネズミ用」になります。ただし餌でおびき寄せるのではなく、ネズミの通り道を予測して仕掛けなければなりません。また埃などで捕獲力が半減してしまうこともありますが、コスト的には安価です。カゴ式と同様に、生け捕りしたネズミの処理は自分で行わなくてはなりません。

毒餌

かつては穀物などに混ぜて使用するタイプが主流でしたが、現在はそのまま食べさせるタイプが主流です。効き目は高い反面、幼児やペットがいるご家庭では十分注意が必要です。また、目の届かない場所でネズミが死んでしまうこともあり、放置するとダニやウジなどが発生してしまうデメリットもあります。

以上の通り、家屋に侵入してしまったネズミの駆除策は、どれも捕獲したねずみをご自分で処理しなければならないという手間がつきまといます。そのことは、心しておいてください。では続いて、侵入防止策を見ていきましょう。

おもなネズミの侵入防止策

自己流でもねずみ防御の方法は以下になります。

防鼠金網

簡単に言えば、ネズミが外部から侵入してきそうな穴や隙間を金網で塞ぐというやり方です。プラスティック製だと齧られてしまいますので、必ず金属製を用いるべきです。また、ネズミの侵入口が特定されている場合は効果が望めますが、当てずっぽうに配置した場合はその限りではありません。

忌避剤

ネズミが嫌う成分の薬剤を用いるやり方です。スプレー式、燻煙式、設置式などがあります。ただしこの方式はまだまだ研究途上であり、必ずしも効果が出るとは言い切れません。また、この場合も、ネズミの通り道をキチンと把握した上で行う必要があります。

※ネズミは、噛まれると感染する病気や、排泄物や寄生虫から感染する危険な病気をもっています。死に至るケースもあるのでネズミの始末をする時は、十分な注意が必要です。

ここでは自分できるネズミの撃退方法を紹介してきましたが、やはり同じ道具を使っても、プロと同じ結果を出すのはかなり難しいことです。

なぜなら、プロは罠の設置にもネズミの通り道や習性を考慮し、効果があると判断した場所に大量に仕掛けます。また、独自のノウハウで作った誘因性の高い味やにおいを餌につけ、季節や気温によって使い分けるのです。殺鼠剤や忌避剤もさまざまな研究に基づく技術を駆使しているので、自分で行う駆除とはレベルが違うと認識しましょう。

ネズミは頭がよく警戒心が強いので、完全に駆除したいなら、プロへの依頼がおすすめ。最近は、害虫の生息指数が基準以下なら薬剤駆除を行わない「改正建築物衛生法」に対応した業者もあります。こうした業者なら飲食店や食品倉庫だけでなく、乳幼児がいる家庭でも安心です。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ