ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら

粘着シート

ネズミ捕りに使用する粘着シートについて説明します。駆除効率はどのくらい?市販品の粘着シートもピックアップしたので、導入する際の参考にしてみてください。

粘着シートの効果

一般的なネズミ駆除でよく使用されているのが粘着シートです。ネズミの通り道にできる黒い跡である「ラットサイン」を見つけたら粘着シートを使ってみると良いでしょう。ネズミは天井裏や台所、部屋の隅などの「同じ道」を通る習慣があります。通り道に粘着シートを設置するのが効果的な捕獲方法です。ネズミの粘着シートは、1枚100円~1,000円程度とメーカーによって価格が違います。価格が高いほど粘着力が強い傾向にはありますが、ネズミを罠にかけるポイントを知っていれば、捕獲率はそれほど変わらないようです。

罠にかけるポイントは、粘着シートにくっつきやすいように「ネズミの足についた水分を取る」こと。湿っていると粘着性が弱まるため、罠にかかっても逃げられてしまいます。また1~2枚だけ置いても捕獲はむずかしいので、最低でも10枚は設置するといいでしょう。

市販の粘着シートカタログ

ネズミを捕るための粘着シートをピックアップしました。

ねずみ粘着シート プロボードL10枚
画像引用元:オレンジブック.com(http://www.orange-book.com/detail/obwfk53010/index/article_cd:105622++++++++++++++++++++++++3470)
商品名 ネズミ粘着シート プロボードL10枚
価格 1,722円
特徴 高性能特殊粘着剤を使用して、ネズミを捕獲する粘着シート、プロボード。超強耐水紙を採用しているので、ネズミが罠にかかるまで放置できるので経済的です。小型ネズミから大型ネズミまで捕獲できるのも魅力。ほかにも寄生虫やダニなどの害虫も駆除できます。
口コミ 「天井裏に住みついているねずみを駆除するためにスプレータイプや固形忌避剤、超音波発生器などを使っていましたが、まったく効果がありませんでした。しかし、この粘着シートを使ったところ、1週間ほどでねずみを捕獲することに成功。壁際に設置したシートでも捕まえることができましたよ。私の家には粘着シートの罠が合っているようです」
「仕事場にねずみが出るようになり、電気の配線をかじっていました。これ以上被害を増やさないために、こちらの商品を購入。置くだけなので使いやすいのが◎。設置した翌日に2匹捕獲することができました。簡単にねずみを駆除できて良かったです」
「例年以上にねずみが多く出ていて、どうやって退治しようか悩んでいました。大量に使うので、たくさん入っているネズミ粘着シートプロボードを選択。粘着力がかなり強くて、大きなネズミも逃がさずに捕獲できました。家に猫を飼っているのですが、猫がかかるぐらい粘着力は強いので気を付けなければなりません」
メーカー名 株式会社SHIMADA
誘引性粘着シートネズミ捕りピタチュー5枚
画像引用元:セハージャパン(http://www.seh-j.com/products/pita/index.html)
商品名 誘引性粘着シート ネズミ捕り ピタチュー5枚
価格 4,536円
特徴 ピタチューはネズミの生態を長年研究しているセハージャパンが販売している粘着シートです。「いかに効率よく捕獲するか」をテーマに、プロフェッショナルが開発しました。誘因性の連結粘着シートになっているので、ネズミをおびき寄せて効率良く捕獲。広げるだけなので、簡単に短時間で設置・回収ができます。
メーカー名 セハージャパン
ハウス型粘着板 プロボード・ハウス型 40枚
画像引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/kaiteki-elife/4582309496341/)
商品名 ハウス型粘着板 プロボード・ハウス型 40枚
価格 7,560円
特徴 粘着シートに屋根を付けることで、ホコリの多い場所でも粘着面の保護ができるようになっています。また高性能特殊粘着剤と超強耐水紙を使用しているため長期間の設置も可能。ネズミは部屋の隅を通る習性があるため、そこへ重点的に設置します。捕獲できない場合は、設置場所を替えてみると良いでしょう。
メーカー名 株式会社SHIMADA
ネズミバスターeco ブック型12P
画像引用元:モノタロウ (https://www.monotaro.com/p/6096/1537/)
商品名 ネズミバスターeco ブック型12P
価格 1,079円
特徴 高性能の特殊粘着剤を使用しているプロ仕様の粘着シート。小型のねずみはもちろん、大型のねずみまで確実に捕らえられます。台紙にはスリット(切れ込み)が入っているので、設置場所に合わせて「コの字型」「L字型」に形を加工可能。リサイクルの原紙を使用しているので、環境保護にも貢献しています。
口コミ 「12枚入りなので、定期的に交換するのに適しています。量販店で購入したのと、同じくらいの効果があるようです。しっかとねずみを捕まえられているので、満足しています」
「設置する場所が狭いため、一枚を分割して使っています。粘着シートをカッターで切ると粘着面が刃に付着するので、スリットが入っていて手で切り分けられるようになっているのは便利です。扱いやすさも◎で気に入っています」
「仕事場に出るねずみを捕まえるために購入しました。設置数を増やすほど、ねずみを捕獲できています。人の気配があるときは、身を潜めているようで、長期連休時に作業場を荒らされていました。常に設置できるように、セールのときにまとめ買いしています」
「この商品は1つの箱に12枚も粘着シートが入ってるので、コスト的に助かっています。届いた日に4枚を設置したところ、2時間後に体長15cmくらいの大きなネズミを1匹捕獲できました。粘着力も十分に強いため、取り逃がすこともなかったです。リーズナブルな価格なので、惜しげなく枚数を設置できます。確実に捕獲できるので、おすすめです」
「この粘着シートで完璧に捕獲できています。100パーセント満足できる性能ですね」
メーカー名 株式会社SHIMADA
ProBuster大きいねずみ用
画像引用元:モノタロウ (https://www.monotaro.com/p/6096/1214/)
商品名 ProBuster大きいねずみ用
価格 755円
特徴 プロが使っている業務用の粘着シートを商品化したものです。超強耐水紙仕様なので、水分の多い濡れ場でも使えます。小型から大型のねずみまで捕獲できます。5枚入なので、数ヶ所に設置したい場合にも便利です。
口コミ 「ねずみ捕り用の粘着シートはたくさん種類があるので、どれにしようか迷っていました。いろいろ調べて口コミ評価の高いこの粘着シートをチョイス。ねずみが出没して慌てて注文したのですが、翌日に商品が届いて良かったです。早速設置してねずみがかかるのを待っています」
「粘着力が強力なので、大きいサイズのネズミでもしっかり捕獲できます。確実に仕留めることができているので、この粘着シートを買ってよかったです。二度とねずみの被害に合わないように、定期的に設置します」
「安いものだと粘着性が弱いせいか、ねずみの足跡だけが残り捕獲できないことがありました。おそらく、ねずみの足の裏に付いた油やホコリなどの汚れのせいで、くっつかなくなるんだと思います。しかし、この粘着シートはしっかり張り付いて離れません。暴れるほどくっついてしまうようで、捕獲後に変な体制になっていることが多いです」
「購入してすぐに設置したところ、すぐにねずみがかかっていました。効果の高さにビックリ。こんなに早くねずみが獲れるとは思ってもいませんでした。買って正解です」
「通常サイズの粘着シートより面積が大きいので、ねずみを捕獲できる確率が高い気がします。ねずみの出現率が高い我が家では、重宝している粘着シートです」
メーカー名 株式会社SHIMADA

粘着シートのメリット・デメリット

ネズミが罠にかかった後は捨てるだけ。簡単に駆除ができる粘着シートのメリット・デメリットについて紹介します。

粘着シートのメリット

  • ホームセンターやスーパーなどで販売されているので、入手が容易
  • 価格も安いため気軽にネズミ対策が可能
  • ネズミ駆除の専門業者も使っているので、効果に期待できる
  • 設置した後は定期的に確認するだけで良い

粘着シートのデメリット

  • 警戒心の強いネズミは罠にかかりにくいため、工夫して設置する必要がある
  • 粘着部分が強力なので、服につけてしまったりシートに物を落としたりすると、剥がすのが大変
  • 粘着シートにかかったネズミを処分する必要がある
  • 死骸が腐敗している場合や、生きていると処分しにくい
  • ペットを飼っている場合は、間違って罠にかからないように注意しなければならない

手軽に設置できて、ネズミが罠にかかれば捨てるだけという粘着シート。死骸を処分するのに抵抗がなければ、おすすめできる罠だといえます。ただし「ネズミの腐った死体なんて見たくない」「生きたネズミを処分するのはちょっと…」という方は、ネズミ駆除の専門業者に頼んでみてはいかがでしょうか。迅速に不快なネズミを駆除してくれますよ。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位
  • 料金料金:◎
  • 保証期間保証期間:◎
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:◎
  • 実績実績:◎

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位
  • 料金料金:◎
  • 保証期間保証期間:○
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:○
  • 実績実績:△

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第1位
  • 料金料金:○
  • 保証期間保証期間:○
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:◎
  • 実績実績:△

さらに詳しく見る

ページの先頭へ