オススメ!ねずみ駆除完全ガイド

ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら
▼ねずみ駆除業者お薦めBEST3▼
ねずみ駆除に失敗しないために読むサイト » 自分でできるネズミ退治の方法 » アロマオイル

アロマオイル

アロマオイル

ねずみの撃退方法のひとつとして「アロマオイルを使う」という手段もあります。

ここでは、ねずみ撃退・駆除のためのアロマオイルはどんな匂いのものを選べばいいのか、使い方や設置場所、注意点などをご説明します。

ねずみは嗅覚が優れているため匂いで撃退・駆除が可能

ねずみは視力があまりなく、その分嗅覚がとてもすぐれた動物です。

つまり、ねずみの行動というのは、かなり嗅覚頼みな部分があります。

ですからその嗅覚に強烈なインパクトを与える「ねずみにとって嫌な匂いのアロマオイルを使う」という対策が、なかなか効果的なのです。

ではさっそく、どんな匂いがおすすめなのかをご紹介しましょう。

ハーブ系アロマ・テルペン類物質豊富なアロマがおすすめ

ねずみが嫌う匂いは、基本的に「匂いそのものが強く、しかもスーッとしたりツンとしたりする匂い」です。

ミントやハッカ・月桃(琉球ハーブ)など強い匂いがするハーブ系アロマや、さらにヒノキ・杉・松・ユーカリなど、ヒノキチオールやα・ピネン、δ・カジネンなどのテルペン類の匂い物質を豊富に含むアロマは、ねずみが嫌う傾向が強いので、ねずみ除け・ねずみ退治に使えます。

また、アロマとしてはめったに見かけませんが、ワサビのツンとした強烈な匂いもねずみが嫌いな匂いのひとつです。

ねずみ対策のためのアロマオイルの使用方法と設置場所

アロマオイルの使用方法は、アロマオイルに熱を加えて揮発させるアロマポットに入れて焚いたり、超音波の振動によって水とアロマオイルをミスト状にするアロマディフューザーを利用するというのが一般的です。

もちろん、そうした方法で部屋をねずみの嫌がる匂いで満たすというのもひとつの手ですが、よりねずみが近寄りにくい環境を作るために、できることなら他の工夫も加えてみましょう。

手作りアロマスプレーを使う

ねずみ対策のためのアロマオイル活用法として特におすすめなのが「手作りアロマスプレーの利用」です。

アロマオイル・無水エタノール・100ml程度のスプレー容器を用意して下さい。

そして精製水80~90ml、無水エタノール10ml、アロマオイル50滴前後をスプレー容器に入れ、よく振れば手作りアロマスプレーの完成です。アロマオイルは「ヒノキとユーカリの2種類を使う」など、ブレンドをしてもいいですよ。

これを屋根裏や床下・ゴミ箱・ベランダ・庭・換気口・壁沿いの隅っこなど、ねずみの通り道になりやすいところに定期的にスプレーしましょう。

匂いが薄くなった、消えた、と思ったらまたスプレーしなければいけないこと、手作りスプレーを2~4週間程度で使い切る必要があることなどがデメリットです。

アロマオイルをポリマーにしみこませる手もあり

手作りアロマスプレーによるねずみ対策は便利かつ手軽でいいですが、匂いが抜けるのが早いのが大きなデメリットとなります。

それよりももう少し匂いを長持ちさせたいなら、ペットシーツや紙おむつ・ナプキンなどの中にある吸水ポリマーに、アロマオイルの原液を少し多めに吸わせる、というのも効果的です。

これならスプレーよりはかなり長持ちしますが、「スプレーと比べるとアロマオイルの濃度が高く量も多いので、匂いはかなり強い」という点が気になります。匂いが強い分ねずみ除けの効果は高く期待できますが「そこに住む人も匂いが強すぎて気になってしまう」という状態では意味がありませんので、食事・調理に使用するダイニングやキッチンなどでの使用は避けたほうがいいでしょう。

屋根裏や、ベランダの雨がかからない部分などの限定した場所にこの手を使って、あとはスプレーで対策するという使い分けをするのがおすすめです。

アロマオイルを使ってのねずみ対策の注意点

アロマオイルを使ってのねずみ対策は、うまくやれば意外と有効ですが、使用の際には注意点もいくつかあります。

甘い香りのオイルの使用はNG!

「アロマオイルなら何でもねずみ対策に使える」というわけではありません。ねずみは甘い匂いを好む傾向が強いので、たとえば果物系のアロマオイルなどを使うと、ねずみにとっても「いい匂い」となり、ねずみ除けどころか、ねずみを寄せつけてしまうことにもなりかねません。

エッセンシャルオイルなどの「精油」を使おう

アロマオイルの中には、天然由来の精油ではなく、人工的に作った合成香料を使用しているものもあります。合成香料は精油よりもはるかに安価に、強い香りのものを作れるため、激安のアロマオイルなどによく利用されています。

「フレグランスオイル」「ポプリオイル」などと表記されているオイルは合成香料が混じっていたり、100%合成香料となっているものがほとんどですので特に注意が必要です。

アロマオイルによるねずみ対策は、長く継続し続けることが大前提となりますから、合成香料を使ったオイルの匂いを常に家中に満たす状態は、「トイレの芳香剤の匂いを常に嗅いでいる状態」と似たようなものです。

合成香料に含まれるさまざまな化学物質により、何らかの悪影響を受けるリスクも否定できませんので、安全のためにもオイルは天然由来の精油を使用しましょう。

ねずみが匂いに慣れてしまう可能性もある

アロマオイルによるねずみ対策の注意点というか、覚悟しておいてほしい点として挙げられるのが「ねずみがアロマオイルの匂いに慣れてしまう可能性もある」ということです。

ねずみには順応能力がありますので、最初は嫌がって近寄ろうとしなかった匂いであっても「それほど苦ではない」という状態に変わっていくこともあるのです。

匂いに慣れてしまったねずみに対しては、アロマオイル以外での対策を検討するしかありません。

おすすめのアロマオイル

アロマオイルは数多く出回っていますが、その中でも特におすすめのオイルを3つ厳選してご紹介します。

1.無印良品 エッセンシャルオイル・ひのき

エッセンシャルオイル・ひのき
画像引用元:無印良品ネットストア
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337761421?searchno=1 

ねずみが嫌がる匂いでありながら、日本人にとってはリラックス・癒しの香りとなれるひのきのアロマオイルは、寝室などにも使える使用範囲の広さが大きなメリットです。

また、日本の木であるだけに「オイルの原産国も日本である」というのも安心感が高いポイントです。

2.デイリーディライト エッセンシャルオイル ユーカリプタス

エッセンシャルオイル ユーカリプタス
画像引用元:東急ハンズネットストア
https://hands.net/goods/4517161099232/

デイリーディライト エッセンシャルオイル ユーカリプタスは、ユーカリ種の中でも特にシャープな匂いであるグロブルス種を使用。「匂いをかげば鼻がスッキリするが、かぎすぎるとむせてしまう」というほどの匂いです。

価格もお手頃で、東急ハンズなどで気軽に手に入れられるのもおすすめのポイントです。

3.北見ハッカ通商 ハッカ油セット

ハッカ油
画像引用元:Loft 商品検索
https://www.loft.co.jp/item_search/detail.php?id=4985146000045

10mlのスプレーと20mlのミニボトルがセットになっています。アロマオイルとして使えるのはもちろんのこと、原液そのままをスプレーできるのが最大の特徴。

「オイルを薄めたスプレーでは効果が心配」という人は、こちらのセットを検討してみてはいかがでしょう。北海道産の有名なハッカ油で、信頼感もバツグンです。

ネット通販だけでなく、ロフト等でも入手可能です。

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位

20坪あたりの料金
37,000円

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位

20坪あたりの料金
45,000円

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第3位

20坪あたりの料金
86,000円

さらに詳しく見る

ページの先頭へ