オススメ!ねずみ駆除完全ガイド

ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら
▼ねずみ駆除業者お薦めBEST3▼
ねずみ駆除に失敗しないために読むサイト » 自分でできるネズミ退治の方法 » 忌避剤

忌避剤

置くだけでネズミを遠ざけてくれる忌避剤について説明します。いったいどれほどの忌避効果があるのでしょうか?市販の忌避剤もピックアップしているので、導入を検討している方は参考にしてみてください。

忌避剤の効果

忌避剤にはネズミを寄せ付けない効果があります。捕獲したり殺傷したりする必要がないため、ネズミを処分する手間が省けます。基本的には駆除を行なった後に使うことが多く、ネズミの再侵入を防ぐための薬剤です。また忌避剤にはいろいろなタイプがあります。以下にまとめていますので参考にしてください。

スプレータイプ
寄せ付けたくない部分に直接スプレーすることで、忌避効果を得られます。即効性はあるものの、持続性がないという欠点があります。すぐにネズミを追い出したいという時におすすめです。
【どんな場所に使用できる?】
スプレータイプの忌避剤が有効なのは、換気口やエアコンの導入口、配管周り、雨戸の戸袋など、ネズミの通り道になりやすい場所です。また、エサを求めて集まりやすいゴミ箱の周りに散布するのも効果的でしょう。
設置タイプ
ネズミが通りそうな場所に設置することで、ネズミの侵入を防ぎます。効果はしばらく続くものの、永続的ではないため定期的に交換する必要があります。
【どんな場所に使用できる?】
設置タイプの忌避剤が有効なのは、天井裏や床下、シンク下、物置、倉庫などです。一定箇所でネズミの嫌がるニオイ成分を出すため、追い払ったネズミを再度侵入させないための予防効果があります。
くん煙タイプ
侵入させたくない部屋に煙をまん延させて忌避剤を充満させます。一気に広範囲への効果が得られるのが特徴。しかし、薬剤の影響で火災報知機が反応したり電子機器を壊したりするため注意が必要です。また微量の毒性があるため、子供のおもちゃやペット用品、食品などにかからないように気を付けなくてはいけません。
【どんな場所に使用できる?】
くん煙タイプの忌避剤が有効なのは、天井裏や床下など、狭くて人の手が届かない場所です。蒸気や煙が隙間に入り込み、忌避成分を拡散します。広範囲にわたり効果が出るので、倉庫などにも有効です。使用後は換気が必要なので、窓のない部屋には使えません。

市販の忌避剤カタログ

ネズミを寄せ付けない忌避剤をピックアップしました。

ねずみのみはり番 追い出しジェット
画像引用元:アース製薬株式会社(https://www.earth-chem.co.jp/products/nezumimihariban-oidashi-420/index.html)
商品名 ネズミのみはり番 追い出しジェット
価格 764円
特徴 ネズミのみはり番追い出しジェットは天然ハーブとネコのニオイ配合で、ネズミを撃退する忌避剤です。スプレータイプですが、パウダーを配合することで忌避効果を長持ちさせる工夫がされています。10m噴射が可能なので、天井裏や床下などの奥まで対応可能。さらにすき間ノズルで狭い所にも簡単に噴射できます。
メーカー名 アース製薬株式会社
ネズミのみはり番
画像引用元:アース製薬株式会社(https://www.earth-chem.co.jp/products/nezumimihariban-gel/index.html)
商品名 ネズミのみはり番
価格 840円
特徴 ネズミのみはり番はハッカやハーブ、ワサビなどのネズミが嫌がる成分と匂いを配合した忌避剤。ゲル状の設置タイプです。台所の隅や倉庫、物置などに置くだけで。ネズミを寄せ付けません。有効期間の目安は約2ヶ月程度。6~8畳に1個の割合で使用してください。
メーカー名 アース製薬株式会社
ネズミ一発退場
画像引用元:アース製薬株式会社(https://www.earth-chem.co.jp/products/nezumitaijyou/index.html)
商品名 ネズミ一発退場
価格 897円
特徴 ネズミ一発退場は、ハッカオイルと月桃をメインとしたくん煙成タイプの忌避剤です。天然ハーブを含んだ煙が倉庫や屋根裏、床下などに行き渡り、屋内からネズミを追い出してくれます。
メーカー名 アース製薬株式会社

忌避剤のメリット・デメリット

忌避剤を使うことでネズミの侵入を防ぎ、寄せ付けない効果が期待できます。ここでは、忌避剤のその他のメリットやデメリットについてまとめています。

忌避剤のメリット

忌避剤のデメリット

ネズミの被害を防ぐには?

食べ物を放置しない

ネズミは雑食ですので、人間の食べ物は大抵食べられます。そのため、食べ残しや食べカスを放置しておくと、ネズミのごちそうになってしまいます。食品は必ず容器に入れるか袋の口を閉じるなどして保存しましょう。戸棚に入れることも有効です。

また、ネズミは人間の食べ物だけでなく、ペットフードや生花なども食糧にします。こちらもなるべく封をしたり、捨てる際にはビニールに入れて口を縛るなどの注意が必要です

住処を作る材料を与えない

ネズミは、ゴミの中から材料を集めて巣を作ります。ティッシュペーパーや段ボール、新聞紙、布きれ、ビニール袋などは恰好の巣材です。

長期間放置していると、いつの間にか食い破られて巣に持ち帰られていることも。住処を作る材料を与えないために、これらをこまめに捨てて、家の敷地の美化に努めましょう。

通り道を塞ぐ

対策をしているのにネズミが現れる場合は、別のルートから新たなネズミが侵入している可能性があります。

扉や窓は開けっ放しにしないことは最低限の対策です。他にも、通気口や排水溝などには金網を、壁や床に隙間がある場合は防鼠パテを施すなどしつ、ネズミの通り道を塞ぎます。

ただし、屋内にネズミがいる状況で出入口を塞いでしまうと、逃げ道がなくなり別の部屋に現れるなど被害が拡大するおそれもあります。対策前には必ず忌避剤を使って、入り込んでいるネズミを追い出してから通り道の封鎖をしましょう。

忌避剤は対症療法でしかない!ネズミ撲滅を目指すなら専門家へ相談

忌避剤が効いている期間は、置くタイプで30?60日ほどが一般的です。スプレータイプとくん煙タイプは数日程度。商品によって異なりますが500~1,000円前後のコストがかかります。ずっと使い続けるのもコストパフォーマンスが良いとはいえません。

また、ネズミの被害を防ぐために対策をしたとしても、完全に撲滅することは難しいでしょう。

ネズミを完全に駆除したうえで、その後も寄せ付けないためにはネズミ駆除の専門業者に依頼するのがおすすめです。経験豊富な業者なら、的確なネズミ駆除のアドバイスをしてくれますよ。

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位

20坪あたりの料金
37,000円

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位

20坪あたりの料金
45,000円

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第3位

20坪あたりの料金
86,000円

さらに詳しく見る

ページの先頭へ