ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら

バネ式罠

ねずみ捕りに使用するバネ式罠について説明します。駆除効率はいいのでしょうか?市販品のバネ式罠もピックアップしたので、参考にしてみてください。

バネ式罠(ねずみ捕り)の効果

エサを仕掛けてバネでねずみをはさんで捕まえるのがバネ式罠。原理はいたってシンプルで、ねずみの好むエサを置いて、食べに来たところで罠が作動するというもの。ねずみの出没する場所に設置すればいいのですが、ただ置くだけではなかなか捕まえられません。

ねずみは警戒心の強い生き物です。バネ式罠に仕掛けられたエサだけでは食いついてくれません。警戒心を解くために罠の周りにもエサをまいておく必要があります。

ほかにもバネをセットせずに、エサだけをつけておくという方法も。これを何度か繰り返すことでねずみの警戒心を解き、確実に食べるようになってから罠を仕掛けることで、捕獲率を高められます。

市販のバネ式罠(ねずみ捕り)カタログ

ねずみを捕るためのバネ式罠をピックアップしました。

板ねずみ捕り
画像引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/iwauchikanamonotenn/494205900001/)
商品名 板ねずみ捕り
価格 478円
特徴 昔ながらの定番のねずみ捕りです。ねずみが仕掛けに触れるとバネでネズミを捕らえます。毒を使わないので、誤飲の心配がなく安心です。販売元のヤマトキは、雨どいや雪止めといった建築金具を製造しています。技術力の高い職人が作った板ねずみ捕りなら、間違いなくねずみを捕獲してくれるでしょう。
メーカー名 ヤマトキ製作所
ねずみボード(両バネ)
画像引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/jism/4935682029079-37-45427-n/)
商品名 ねずみボード(両バネ)
価格 550円
特徴 ネズミ捕りの定番である板バネ式ねずみ捕りボード。固形や液体の誘引エサを置けるエサ台付が付いているのが特徴です。エサ台は取り外して洗えるので、清潔に使えます。販売元のコンパルは、ネズミ捕りシリーズを多数販売している会社です。
メーカー名 株式会社コンパル
ラットトラップ
画像引用元:沖縄ミリカジ(https://www.okimiri.com/search/detail.php?goods_id=17194)
商品名 ラットトラップ
価格 324円
特徴 VICTOR製のラットトラップ(ネズミ捕り器)のスモールサイズ。ネズミをモチーフにした可愛いらしいメーカーエンブレムが特徴的です。見かけによらずかなり強力なので取り扱いには注意してください。確実にねずみを仕留めたいなら、米軍放出品のバネ式ネズミ捕りを使ってみてはいかがでしょうか。
メーカー名 VICTOR(米軍放出品)

バネ式罠のメリット・デメリット

設置するだけでねずみ駆除ができるバネ式罠のメリット・デメリットについて紹介します。

バネ式罠のメリット

  • エサを仕掛けておくだけでねずみを駆除できる
  • 設置スペースが小さくて済み、自由に設置場所を選べる
  • 捕まえたねずみが死亡している確率が高いので、殺処分の必要がない
  • 1台当たり約500円で繰り返し使えてコストパフォーマンスが良い

バネ式罠のデメリット

  • 捕獲したねずみの死骸を自分で処理する必要がある
  • ねずみがまだ生きている場合は、殺処分しなければならない
  • バネの衝撃でねずみの体液が飛び散ることも
  • 1台で捕獲できるのは1匹で、まとめて捕獲できない

根気強く設置することができ、ねずみの死骸の処理が平気ならバネ式罠はおすすめです。しかし「一刻も早く駆除したい」「ねずみの死骸なんて無理!」という方は、ねずみ駆除専門業者に依頼するといいでしょう。

東京で評判のねずみ駆除業者比較
おすすめランキングはこちら

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位
  • 料金料金:◎
  • 保証期間保証期間:◎
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:◎
  • 実績実績:◎

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位
  • 料金料金:◎
  • 保証期間保証期間:○
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:○
  • 実績実績:△

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第1位
  • 料金料金:○
  • 保証期間保証期間:○
  • 技術力技術力:◎
  • 創業年数創業年数:◎
  • 実績実績:△

さらに詳しく見る

ページの先頭へ