オススメ!ねずみ駆除完全ガイド

ねずみ駆除業者比較ランキングはこちら
▼ねずみ駆除業者お薦めBEST3▼
ねずみ駆除に失敗しないために読むサイト » 自分でできるネズミ退治の方法 » ガム

ガム

自分でできるねずみ駆除というと、昔ながらの籠に罠を仕掛けて捕獲するタイプや、殺鼠剤を使用して駆除する方法がメジャーですよね。でも、罠にひっかかったネズミの処分にも抵抗があるし、殺鼠剤は農地などで使用する場合は人体に多少なりとも影響がありそう・・・と躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか?

そういった人に試してほしいのが、おやつの「ガム」を使った駆除方法です。人間が食べると美味しいおやつですが、実はネズミ駆除にも効果的。ここではガムを使ったねずみ駆除をご紹介します。

ねずみを確実に駆除したい方向けの「業者」確認はこちらから>>

「ガム」でねずみが消化不良を起こすため駆除が可能

ガムは美味しいおやつですが、人間が食べる場合は噛んだ後吐き出すことが前提で作られている食品です。しかし、間違って飲み込んでしまった経験がある人もいるはずです。少量であれば特に問題はありませんが、毎回大量に飲み込んでしまっていては人間の場合でも消化不良を起こしてしまうことも。この原理を利用して、ねずみ駆除を行います。ねずみは基本的に雑食性なのでなんでも食べてしまいます。だから、ガムを仕掛けておくことで餌と思ったねずみが食べ、消化不良を起こしてしまい死に至ります。

特にフルーツ味のガムがおすすめ

ねずみはとても嗅覚が発達している動物です。だから、使用するガムもできるだけ匂いの強いものがおススメ。ミント系やメントール系のす~っとしたものではなく、子ども向けのオレンジやぶどうの香料を使用しているガムがおすすめと言われています。ちなみに、ガムの原料成分はゼラチンとガムベースの2種類があり、消化不良を起こさせる目的では、ゼラチンではなく、ガムベースが原料となっているものを選びましょう。

ねずみ駆除のための「ガム」の使用方法

畑などにねずみが発生して悪さをしている場合は、ねずみの穴にガムを一口大に切って入れます。そうすると翌日にはねずみが食べ、仕掛けがガムはなくなっているでしょう。それを一週間くらい続けることで、ネズミは消化不良を起こし、腸閉塞などにより命を落とします。

1つの穴に5.6個ずつ入れる

農地などの場合、ねずみが作った穴だと思われる穴1か所につき、一口大に切ったガムを5.6個ずつ入れます。室内の場合もねずみの活動範囲だと思われる場所にランダムにガムを設置します。

効果を感じられない場合は味を変えてみる

効果を感じられない場合は、ガムの味を変えてみるのも手です。農地の場合、ガムが無くなっているのに、ねずみが減らないということがあることも。その場合は、ねずみが食べる前に、甘いものが大好きな蟻などが食べてしまっている可能性もあるので、念頭に入れておきましょう。

自宅に残っている「アロマオイル」でも、ねずみには忌避効果あり!>>

「ガム」を使ったねずみ駆除の注意点

ガムを使ったねずみ駆除の方法は安全で簡単ですが、いくつか注意したほうが良い点がありますのでご紹介します。

ガムを仕掛ける際には手袋を着用する

前述したとおり、ねずみはとても嗅覚が発達しています。だから、人間の匂いがついたガムの場合、警戒して食べない可能性があります。ガムを仕掛ける際には必ず手袋を着用しましょう。手袋がない場合は、ピンセットなどを使用することも可能です。

新しいガムを使う

人間が食べるための食材を、新品のままねずみ駆除に使うのはもったいない!と思いがちですが、ここは新しいガムを使用しましょう。噛んだ後のガムでも効果があるという説もありますが、そもそもベタベタするものを食べない可能性もありますし、匂いも強いほうが効果が高いです。ガムは数百円あれば十分に買えますので、殺鼠剤などを使用するよりもコスパも良いので新しいガムを使用するのがベストです。

「ガム」を使ったねずみ駆除にはデメリットがない

ねずみ駆除のためにガムを使うことにはデメリットがなくメリットしかありません。人体にももちろん影響はありませんし、コスパも抜群です。そして残ったガムは美味しく食べられます!(笑)また、農地で使用した場合は、時間が経てばねずみの死骸は自然に土にかえりますので、特別な労力もかかりません。ガムを使う方法はねずみ駆除に最適ではないでしょうか。

ガムによるねずみ駆除に半信半疑なら「カゴ式の罠」で確実に駆除しよう>>

おすすめの「ガム」

市場に出回っているガムは数えきれないくらいありますが、ここではねずみ駆除におすすめのガムをご紹介します。

1.マルカワ オレンジマーブルガム

エッセンシャルオイル・ひのき
画像引用元:丸川製菓株式会社
http://marukawagum.com/item/item_1.html

子どものころ誰もが一度は食べたことがあるマルカワのオレンジマーブルガム。甘酸っぱいオレンジの匂いがしっかりとついていて、膨らませて遊べるフーセンガムなので触感もやわらかめなのが特徴。スーパーや駄菓子屋などどこでも手に入りやすい商品です。大容量のボトルタイプもあります。

2.マルカワ グレープマーブルガム

エッセンシャルオイル ユーカリプタス
画像引用元:丸川製菓株式会社ア
http://marukawagum.com/item/item_1.html

上記のオレンジマーブルガムの味違いであるグレープガム。オレンジ同様、ぶどうの甘い匂いが強く、懐かしい味です。オレンジとグレープを併用してみるのもおすすめです。

3.ロッテ キシリトールガム 7種アソートボトル

ハッカ油
画像引用元:ロッテ
https://www.lotte.co.jp/products/brand/xylitol/product.html

7種のフルーツ味がミックスされたガム。たくさんの味を試すことができるのがメリットです。味は、グレープ・ピーチ・グレープフルーツ・ベリー・グリーンアップル・オレンジ・ライチとなります。

ガムで「ねずみ駆除」をしてみて…

ガムで「ねずみ駆除」に成功した場合

生きたねずみ

自分でねずみ駆除を実践する以上は、どうしてもついて回るのが死骸の問題です。死骸を放置しておくと、衛生的に良くありません。ねずみが媒介となって細菌や伝染病をもたらすことがあります。

直接触れずに、処分する方法を心得ている人は問題ありませんが、処分に自信が無い人は、業者にお願いするのも1つの手段です。

避けて通れない「ねずみの死骸処理」について詳しく確認するならこちらから>>

症状別におすすめの自分でやるネズミ駆除方法

対策方法はたくさんありますが、現状の程度によって適した方法があります。

選択基準は、「1匹くらい見かけたな」でしたら軽度、「1匹以上が家屋に出入りしている」ことが分かっていたら中度、「何年も前から何匹も…」といった状態なら重度の対策を試みてみましょう。

表にまとめてみたので、それぞれのページで確認してみてください。

軽度 中度 重度
軽度 ガム アロマ アプリ
中度 毒餌 忌避剤 粘着シート
重度 バネ式の罠 カゴ式の罠

上記はあくまでも自分でやる方法なので、確実に駆除できる補償がありません。

自分じゃもう手に負えない!でも衛生的にすごく心配!どうしたらいいの?!と悩まれる方は、思い切って業者に相談してみることがネズミ駆除の一番の近道です。

おすすめのネズミ駆除業者Top5はこちらから>>

ねずみ駆除業者お薦めBEST3

第1位「ミヤザキ」

第1位

20坪あたりの料金
37,000円

さらに詳しく見る

第2位「サンキョークリーンサービス」

第2位

20坪あたりの料金
45,000円

さらに詳しく見る

第3位「東京マウス」

第3位

20坪あたりの料金
86,000円

さらに詳しく見る

ページの先頭へ